このページの先頭へ

Anjou Blanc Terre de Gres 2019 Chateau de Bois Brinçon
アンジュー・ブラン・テール・ド・グレ・2019・シャトー・ド・ボワ・ブランソン

販売価格(税込):
4,950
ポイント: 247 Pt

生産地方/ロワール
サイズ/750ml
主な品種/シュナン・ブラン
味わい/白・辛口

アンジュー地区の看板品種「シュナン・ブラン種」による、辛口の中にもまろやかさと酸味が心地よい白ワイン

フランスを横断するように流れるロワール河流域にある「シャトー・ド・ボワ・ブランソン」。1219年から始まる、ロワールのアンジュー地区で最も古い歴史を持つワイナリーです。1991年、現5代目当主グザヴィエがワイン造りにビオディナミ(有機栽培等用いた自然栽培)を取り入れ、以降その土地の風土をワインの味に反映したような素晴らしいワインを造り続けています。この「アンジュー・ブラン・テール・ド・グレ」は、このアンジュー地区の看板品種「シュナン・ブラン種」による白ワイン。辛口に仕上げた味わいの中にも、品種の個性による独特のまろやかさと酸味が心地よいスタイルです。

ロワールのアンジュー地区で最も古い歴史を持つワイナリー「シャトー・ド・ボワ・ブランソン」

シャトー・ド・ボワ・ブランソンはアンジューで最も古い歴史を持ち、1219年に修道士が荒れ地を借りブドウを植えたことが始まりです。フランス革命後いくつかのオーナーを経て、1891年にカイユー家がシャトーを購入しました。1950年代まで畑を拡大していましたが、その後6年間に3度の霜害に見舞われ経済難に陥り、3代目当主が林檎栽培に転換しました。1960年にはワイン醸造を止め、全てのブドウを共同組合に販売しました。1991年に現5代目当主グザヴィエがワイン造りを再開。オーガニックからビオディナミへと転換し、テロワールを反映したワインを造り続けています。
アンジュー・ブラン・テール・ド・グレ・2019・シャトー・ド・ボワ・ブランソン

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。