このページの先頭へ

Château Montus La Tyre 2007 «Alain Brumont»
シャトー・モンテュス ラ・ティル 2007 «アラン ブリュモン»

  • 残りわずか
  • 限定品
販売価格(税込):
19,000
ポイント: 950 Pt

生産地方/南西地方
サイズ/750ml
主な品種/タナ
味わい/赤・フルボディ

フランス南西地区を代表する名醸造家、「マディランの皇帝」アラン・ブリュモン氏が手がける最高峰の赤ワイン

【ワインの味わい】
アラン・ブリュモン氏が手掛けるとっておきのワインです。収穫量は極めて少なく、年間で約10000本ほどと、まさに「最高峰」と呼ぶに相応しいワインです。色濃く、力強いワインを生み出すぶどう品種タナ100%を使用、また醸造工程で、極力濾過をせず、ぶどうそのものの品質をワインにダイレクトに表現させようとしているため、仕上がるワインは複雑で濃縮度の高いリッチな味わいとなっております。上質なタンニンと完璧なバランス。エレガント。フレッシュさと調和・・・・。間違いなく、このマディランの地で最高峰の赤ワインです。

【お薦めのお料理】
フォアグラのソテー、牛肉のロースト 赤ワインソース、ジビエ料理には最適です。チーズはブルータイプのロックフォールの様な香りがしっかりとしたチーズと合わせてお楽しみください。
シャトー・モンテュス ラ・ティル 2007 «アラン ブリュモン»

マディランはフランスで最も古いブドウの栽培地域の一つ。「安い南のワイン」という印象の強かったこのマディランを復活させたのが、「マディランの皇帝」と呼ばれるアラン・ブリュモン氏です。ブドウの樹の向きは日光がブドウに最高の条件であたるように決めたり、ブドウに夜露がつかないよう夜に収穫を行ったりと、ワインに関しては完璧主義者。氏の造り出すワインからは熱い情熱を感じていただけます。
シャトー・モンテュス ラ・ティル 2007 «アラン ブリュモン»

ブリュモン氏はワインに関しては完璧主義者で、ブドウの樹の向きは日光がブドウに最高の条件であたるように決められています。葉にたくさん太陽の光が当たり光合成が最高の条件でできるように、朝夕はブドウに直接太陽が当たり、昼間はブドウに過剰な日の光を当てないように植えられています。

また、ブドウに夜露がつくのを嫌うブリュモン氏は収穫を夜に行います。ブドウが傷つかないよう細心の注意を払いながら、人間の手で一粒一粒摘み、全て同じサイズのブドウを選定し、収穫用バットにはブドウを重ねずに1段に並べます。大理石がひきつめられた城のような徹底的に清潔に保たれているセラーで約18ヶ月間ブドウを熟成させますが、そのセラー内は外気をシャットアウトさせ、炭で浄化させた空気だけでまわしています。
湿度に関してもわずか数%でも狂わないよう、完全にコンピューター管理されています。清潔で雑菌の入る隙間のないくらい完璧なセラーを作り上げています。
シャトー・モンテュス ラ・ティル 2007 «アラン ブリュモン»

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。