このページの先頭へ

Loire Wine 5 Bottle Set
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

  • 残りわずか
販売価格(税込):
20,000
ポイント: 1,000 Pt

Saumur l'Insolite 2012 ≪Roches Neuves≫
ロワール/750ml/シュナン・ブラン/白・辛口

I.G.P. des Côte de la Charite Les Pénitents 2011 Alphonse Mellot
ロワール/750ml/シャルドネ/白・辛口

Sancerre La Moussière 2013 Alphonse Mellot
ロワール/750ml/ソーヴィニヨン・ブラン/白・辛口

Saumur ChampignyTerres Chaudes 2012≪Roches Neuves≫
ロワール/750ml/カベルネ・フラン/赤・ミディアムボディ

Saumur Champigny Les Memoires 2012 ≪Roches Neuves≫
ロワール/750ml/カベルネ・フラン/赤・ミディアムボディ

※ギフトボックス対象外です。
申し訳ございませんが、販売終了致しました。

ロワール・サンセールの地最大の造り手アルフォンス・メロとビオワインの先駆者ロッシュ・ヌーヴのワインセット。

ソミュール・ランソリット 2012 ≪ロッシュ・ヌーヴ≫
ロワールでワイン作りを始めた当時まだ主流では無かったビオディナミ農法をいち早く取り入れ、今や世界で注目を浴びている造り手ティエリー・ジェルマン氏。ロワール産ワインは全体的には「軽快」「爽やか」のイメージがありますが、このワインは「アンソリット(普通では無い)」の名の通り、イメージを覆すかのような印象の味わいを持っています。「シレックス」というこの地ならではの石灰質を多く含んだ土壌から得られるミネラル感と、「ビオディナミ農法」により表現されているコク深い味わいとなっております。クリーム系の魚料理やホタテ貝のバター焼き等、濃いめの味付けの魚介料理や、アサリやムールの白ワイン蒸し等がお勧めです。
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

I.G.P.コート・ド・ラ・シャリテ・レ・ペニタン 2011 «アルフォンス・メロ»
アルフォンス・メロはフランス・ロワール渓谷地域・サンセール最大の造り手であり、14世紀から長い伝統を守り続けています。代々、メロ家の長男は創設者と同じ名前を世襲し、現在の18代目・19代目ともに”アルフォンス・メロ”と名乗っています。500年を超えるその伝統は、家族経営により代々引き継がれ、今なお発展を続けています。
「レ・ペ二タン」は明るい黄色、ピーチや洋梨を思わせる甘い香りと心地よい丸い酸はお見事。瑞々しく、しっかりとしたミネラル、バランスのとれた長い余韻が楽しめます。
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

サンセール・ラ・ムーシェール 2013 «アルフォンス・メロ»
アルフォンス・メロはロワール・サンセール地区にて19代にわたるワイン銘家であり、古くは1698年、ルイ14世により『コンセイエ・ヴィティコル』(ブドウ栽培・ワイン醸造アドバイザー)に選ばれるという栄誉を授かっています。そのメロ家が最も古くから所有するのがこのラ・ムーシエールの畑。サンセールの丘の最上部に位置し、「アルフォンス・メロの宝」と称される素晴らしき区画。メロ家を象徴する、酸味と果実味が爽やかなサンセールが生み出されます。ご家庭では春は小ぶりの真鯛、夏はチダイをさっと湯引きした御造りに柑橘風味のドレッシングを添えて、秋は鶏のクリーム煮とのお供がお薦めです。
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

ソミュール・シャンピニー・テール・ ショード 2012 ≪ロッシュ・ヌーヴ≫
「フランスの庭」とも呼ばれるロワール地方。河沿いには王侯貴族が所有していた古城とぶどう畑が広がり、観光地として、ワイン銘醸地として有名です。
ボルドーのワイン生産者の家系で育った現当主のティエリー ジェルマン氏はロワールに移り、当時はまだ主流では無かったビオディナミ農法を取り入れたワイン作りを始めました。現在はフランス国内はもちろん世界中で注目を浴びている造り手です。「テール・ ショード」はボルドーワインの力強いタイプと、ロワールワインの軽快タイプの双方を備えたという印象のワイン。渋みが豊かというカベルネフラン種の特徴を活かしながら、バランスの取れた味わいに仕上がっております。
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

ソミュール・シャンピニー・レ・メモワール 2012 ≪ロッシュ・ヌーヴ≫

広範囲に渡るロワール地方のワイン産地の中でも、「ソミュール」は赤ワインの生産が盛んであります。主要品種であるカベルネフラン種は、生産者の故郷ボルドー地方にとっても重要な品種。ボルドーのカベルネフラン種から造られるワインは長期熟成型のフルボディになるのに対し、ロワールの同品種のワインは比較的軽快で時を待たずして楽しめるのが人気ですが、今回の「メモワール」は、なんと108年前から植えられている大変貴重なカベルネフラン種の樹から摂れたもの。生産者が「メモワール(思い出)」と名付けた、まさに歴史と時間の価値を感じながらお楽しみ頂けるワインです。
銘醸地ロワールよりバラエティー豊かな自然派白赤ワイン5本セット  

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。