このページの先頭へ

I.G.P. des Côte de la Charite Les Pénitents 2011 Alphonse Mellot
I.G.P.コート・ド・ラ・シャリテ レ・ペニタン 2011 アルフォンス・メロ

販売価格(税込):
2,850
ポイント: 142 Pt

生産地方/I.G.P. コート・ド・ラ・シャリテ
サイズ/750ml
主な品種/シャルドネ
味わい/白・辛口

※こちらのワインはラベルやボトルに多少の汚れや傷がある場合がございますが、品質に問題はございません。予めご了承下さいませ。

ロワールの名手アルフォンスメロが手掛ける辛口白ワイン

輝きと透明感のあるイエローの外観、香りは白桃のコンポートなど豊潤な果実の風味と同時に清涼感のある柑橘系のニュアンスや石灰質土壌からのミネラルの要素がバランスよく溶けあっています。味わいはきめ細やかな口当たりで全体のバランスが良く、中盤からのボリュームの拡がりかたが強く、良年ならではのスケールの大きさが感じられます。グラスは丸みのあるシルエットのバルーン型がお薦めです。12~13℃の温度であじわいのバランス感を大切にしてお召しになってください。ご家庭では蒸焼きにした鶏胸肉に葱の軽いクリーム煮を添えてお試しください。
I.G.P.コート・ド・ラ・シャリテ レ・ペニタン 2011 アルフォンス・メロ

アルフォンス・メロ

ロワール地方サンセールを代表する造り手アルフォンス・メロ。その歴史は1500年台の文献にも名前が記されており、現在は19代目アルフォンス・メロにより伝統をを受け継ぎながらも常に革新的なワイン造りに取り組んでいます。そんな彼が本拠地であるサンセールを離れ、ブルゴーニュ・シャブリ地区との間にあるシャリトワの丘で葡萄栽培、ワイン造りを始めたのは2006年のことです。アルフォンス・メロはサンセール地区にてソーヴィニヨン・ブランおよびピノ・ノワールの名手として名を馳せてきましたが、このシャリトワの丘ではシャルドネ種のワイン造りに挑戦しています。
栽培はビオロジック農法を採用、葡萄果を傷めないように小箱を使用した収穫、温度管理されたステンレスタンクおよび10%の新樽を使用しての醸造を行なっています。
I.G.P.コート・ド・ラ・シャリテ レ・ペニタン 2011 アルフォンス・メロ

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。